# SOME DESCRIPTIVE TITLE. # Copyright (C) YEAR THE PACKAGE'S COPYRIGHT HOLDER # This file is distributed under the same license as the activity package. # FIRST AUTHOR <EMAIL@ADDRESS>, YEAR. # msgid “” msgstr “” “Project-Id-Version: activity 2.0n” “Report-Msgid-Bugs-To: n” “POT-Creation-Date: 2017-08-14 07:28+0900n” “PO-Revision-Date: 2016-01-08 16:59+0900n” “Last-Translator: n” “Language-Team: n” “Language: ja_JPn” “MIME-Version: 1.0n” “Content-Type: text/plain; charset=UTF-8n” “Content-Transfer-Encoding: 8bitn” “Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;n” “X-Generator: Poedit 1.5.4n”

#: ../activity.rb:47 msgid “種類” msgstr “種類”

#: ../activity.rb:48 msgid “説明” msgstr “説明”

#: ../activity.rb:49 msgid “時刻” msgstr “時刻”

#: ../activity.rb:152 ../activity.rb:301 ../activity.rb:304 msgid “アクティビティ” msgstr “アクティビティ”

#: ../activity.rb:208 msgid “@%{user} がふぁぼふぁぼしました” msgstr “@%{user} がふぁぼふぁぼしたやで”

#: ../activity.rb:218 msgid “@%{user} があんふぁぼしました” msgstr “@%{user} があんふぁぼしたやで”

#: ../activity.rb:230 msgid “@%{user} がリツイートしました” msgstr “@%{user} がリツイートしたやで”

#: ../activity.rb:236 msgid “リツイートソースが取得できませんでした” msgstr “リツイートソースが取得できひんかったで”

#: ../activity.rb:240 msgid “@%{user}が%{list}に追加されました” msgstr “@%{user}が%{list}に追加されたやで”

#: ../activity.rb:248 ../activity.rb:265 msgid “%{description} (by @%{user})” msgstr “%{description} (by @%{user})”

#: ../activity.rb:257 msgid “@%{user}が%{list}から削除されました” msgstr “@%{user}が%{list}から削除されたやで”

#: ../activity.rb:277 msgid “@%{followee} が @%{follower} をフョローしました” msgstr “@%{followee} が @%{follower} をフョローしたやで”

#: ../activity.rb:289 msgid “差出人: @%{sender}” msgstr “差出人: @%{sender}”

#: ../activity.rb:290 msgid “宛先: @%{recipient}” msgstr “宛先: @%{recipient}”

#: ../activity.rb:321 msgid “%{name}を表示する” msgstr “%{name}を表示やで”

#: ../activity.rb:321 msgid “” “%{name}を、アクティビティタイムラインに表示します。チェックを外すと、%{name}” “の他の設定は無効になります。” msgstr “” “%{name}を、アクティビティタイムラインに表示するで。チェックを外すと、%{name}” “の他の設定は無効になるで。”

#: ../activity.rb:322 msgid “自分に関係ない%{name}も表示する” msgstr “自分に関係ない%{name}も表示するで”

#: ../activity.rb:322 msgid “” “自分に関係ない%{name}もアクティビティタイムラインに表示されるようになります。” “チェックを外すと、自分に関係ない%{name}は表示されません。” msgstr “” “自分に関係ない%{name}もアクティビティタイムラインに表示するで。チェックを外す” “と、自分に関係ない%{name}は表示せえへんで。”

#: ../activity.rb:323 msgid “タイムラインに表示” msgstr “タイムラインに表示”

#: ../activity.rb:323 msgid “%{name}が通知された時に、システムメッセージで%{name}を通知します” msgstr “%{name}が通知された時に、システムメッセージで%{name}を通知するで”

#: ../activity.rb:324 msgid “ステータスバーに表示” msgstr “ステータスバーに表示”

#: ../activity.rb:324 msgid “%{name}が通知された時に、ステータスバーにしばらく表示します” msgstr “%{name}が通知された時に、ステータスバーにしばらく表示するで”

#: ../activity.rb:329 msgid “リツイート” msgstr “リツイート”

#: ../activity.rb:330 msgid “ふぁぼ” msgstr “ふぁぼ”

#: ../activity.rb:331 msgid “フォロー” msgstr “フォロー”

#: ../activity.rb:332 msgid “リストに追加” msgstr “リストに追加”

#: ../activity.rb:333 msgid “リストから削除” msgstr “リストから削除”

#: ../activity.rb:334 msgid “ダイレクトメッセージ” msgstr “ダイレクトメッセージ”

#: ../activity.rb:335 msgid “システムメッセージ” msgstr “システムメッセージ”

#: ../activity.rb:336 msgid “エラー” msgstr “エラー”