class TimeLimitedQueue

Constants

TLQGroup
WaitingExpire

Attributes

expire[RW]

キューの待ち時間のリミットを取得設定する

max[RW]

一度にキューを処理する上限を取得設定する

strage_class[RW]

コールバックに渡すためのクラスを取得設定する。 通常Arrayだが、Setにすれば同じ値が同時に二つ入らない代わりに、高速に処理される。 メソッド push を実装しているクラスを指定する。

Public Class Methods

new(max=1024, expire=5, storage_class=Array, proc=Proc.new) { |data| ... } click to toggle source
Calls superclass method
# File core/lib/timelimitedqueue/timelimitedqueue.rb, line 34
def initialize(max=1024, expire=5, storage_class=Array, proc=Proc.new) # :yield: data
  @thread = nil
  @callback = proc
  @max = max
  @expire = expire
  @storage_class = storage_class
  @stock = @storage_class.new
  super()
end

Public Instance Methods

push(value) click to toggle source

value をキューに追加する。

Calls superclass method
# File core/lib/timelimitedqueue/timelimitedqueue.rb, line 45
def push(value)
  result = super(value)
  pushed_event
  result end